珪藻土、漆喰、それぞれの特徴をご存知ですか?

 

自然素材の塗り壁材というと、珪藻土や漆喰を思い浮かべる方が多いと思います。

 

もちろん、珪藻土も漆喰も塗り壁としての評判が高く、素晴らしい適性があるので古くから日本の塗り壁材として使われているわけですが、珪藻土や漆喰がそれぞれが有している特性の違いを知っているという方は、意外と少ないと思います。

 

当サイトでは、そのような、素材による特性の違いを知っていただけるように、をご希望の方に≪ 無料レポート『塗り壁材選びで後悔しない3つのポイント』≫を差し上げています。

 

このレポートは、これから塗り壁材を選ぶあなたが後悔しないために、多くの人が塗り壁材に対して思い違いをしている「3つのポイント」についてご紹介をしています。

 

思い違いの多い「3つのポイント」とは・・・

  • 塗り壁材はどれも【 ⾃然素材である︖ 】
  • 塗り壁材はどれも【 調湿性が⾼い︖ 】
  • 塗り壁材はどれも【 ずっと有害物質やイヤな臭いを吸着分解してくれる︖ 】

 

 

最近の市場にはさまざまな塗り壁材が出ているので、どれを選べばいいのか迷ってしまうことあると思います。

特に、DIYでの施工となると「塗りやすいかどうか」ということと「材料の価格」が材料選びのメインになってしまうとこが多いのではないでしょうか?

 

しかし、塗り壁材は使っている原材料によりその製品の持つ特徴や特性が違います。

つまり、素材によりその塗り壁材が対応できる性質が違うということです。

 

確かに「お値段」は非常に重要ですし、安くできるのに越したことはないです。
(私も本当にそう思います。)

 

でも、塗り壁はそう簡単に塗り替えるものではなく、普通は長く付き合ってゆくものですね。

ということは、あなたやあなたの大切なご家族が、長い時間その空間で過ごされるということです。

 

例えば、5年後、10年後にも、その空間を仕上げる塗り壁材の持つ特徴や特性が、持続できているものなのかどうかということはとても重要ではないでしょうか?

 

なかには、普段から家づくりの資材に接しているプロの方でも「塗りやすさとか価格以外は、塗り壁材の性能なんてどれも同じようなもの」と思っている方が実際にいらっしゃいます。

プロの方でも一部にはこのように思う方がいるわけですから、一般の方ならなおさらそう考えてしまう方もいらっしゃると思います。

 

あなたはどうでしょう?

 

もしあなたが同じように「塗りやすさとか価格以外は、塗り壁材の性能なんてどれも同じようなもの」だと思っていて、塗り壁材の素材による特徴や特性の違いを知らずに選んでしまったとたら…

 

もしかすると、あなたは塗り壁材選びで後悔してしまうことになるかもしれません。

 

なぜなら、塗りやすさや価格だけで塗り壁材を選んでしまうと、あなたが「当たり前だ」と思っていた塗り壁の特性が実はそうではなかったという可能性があるからです。

 

あなたが望む、本当に快適な住空間を手に入れるためにも、塗り壁材は使っている原材料により特徴や特性が違うということを、事前に知っておいて損はありません。



思い違いの多い「3つのポイント」とは・・・

  • 塗り壁材はどれも【 ⾃然素材である︖ 】
  • 塗り壁材はどれも【 調湿性が⾼い︖ 】
  • 塗り壁材はどれも【 ずっと有害物質やイヤな臭いを吸着分解してくれる︖ 】


このレポートは、下のフォームにご登録いただくだけで無料で差し上げています。

DIYの塗り壁を検討されているのでしたら、ぜひ一度お読みになってみてください。

 

 

ご希望の方は下記[無料レポート請求フォーム]よりお申込みください。
レポートは無料です。

 

無料レポート「塗り壁材選びで後悔しない3つのポイント」請求フォーム

DIYの塗り壁をご検討されている「一般の方」限定となりますので、同業者の方の登録はご遠慮願います。

お申し込みは1アドレスにつき1回だけとなります。予めご了承ください。