自然素材の塗り壁材というと、多くの人が思い浮かべるのが「珪藻土」と「漆喰」ではないでしょうか。

何故なら、珪藻土も漆喰も古くから日本の塗り壁材として用いられ、その塗り壁としての素晴らしい適性があるため、現在でも使われ続けているからです。

 

でも、そもそも珪藻土や漆喰がどんなものなのか知らないという人もいるかもしれません。

 

そこで、このページでは珪藻土と漆喰とはどんな素材なのか、また、塗り壁材としてどのような特徴があるのかをご紹介したいと思います。

 

珪藻土とはどんな材料なのでしょう?

珪藻土とは、藻類の一種である珪藻の殻の化石からなる堆積物で「ダイアトマイト」ともいいます。

珪藻の殻は二酸化ケイ素でできており、珪藻土もこれが主成分となっています。

 

では、珪藻土がどのようにしてできるのかをご説明します。

珪藻が海や湖沼などで大量に増殖し死滅すると、その死骸は水底に沈殿します。
そして、死骸の中の有機物の部分は徐々に分解されていき、最終的には二酸化ケイ素を主成分とする殻のみが残ります。

このようにしてできた珪藻の化石からなる岩石が「珪藻土」なのです。

 

珪藻土の色は、白色、淡黄色、灰緑色と産地によってさまざまですが、これは殻の色ではなく、珪藻土に混入している粘土粒子など、混ざっている物の色であるといわれています。

 

珪藻土の最大の特徴は、「水分」を大量に保持することができるということです。

なぜそれが可能なのかというと、珪藻の殻には小さな穴が多数開いているからです。

珪藻土は小孔が多数あるために体積あたりの重さが非常に小さく、その小孔に水分を大量に保持することができ、それが珪藻土の優れた吸湿性や調湿性のベースになっているのです。

 

また、小孔が多数あるということは空間層が沢山あるということでもあり、多くの空気の層により熱が伝わり難くなるため、耐火性や断熱性にも優れています。

そして多数の小孔は、異物を吸着させるという特性もあるため、ろ過材や吸着材としても利用されています。

 

身近なところでは、下記のようなところで利用されています。

・火に強い土として、七輪・コンロ・耐火レンガとして利用
・輪島塗では漆を木地に吸着させ丈夫にするため、輪島市内で採集された珪藻土を蒸し焼きにし漆に混ぜて利用
・生ビールの製法の一種として珪藻土を使用し、酵母菌を取り除くために利用
・吸湿性を生かして、成形されたものを風呂マットやグラスを置くコースターなどに利用

建材としては、耐火性と断熱性や高い保温性と吸湿性を生かし、昔から壁土に使われていたました。

そして、現在では内装塗り壁材の代表的な存在となっています。

 

また、珪藻土には発癌性があるとして海外では使用が禁止された国もあるようですが、発癌性があるのは焼結してセラミック状になった珪藻土であり、現在では焼結していない珪藻土には問題がないという見解が一般的とされています。

 

塗り壁材としての珪藻土の特徴

日本では古くから、高い保温性と吸湿性や耐火性と断熱性を活かして土壁として用されてきた珪藻土ですが、珪藻土そのものには接着能力はないので、壁材としては石灰やアクリル系樹脂などを混ぜて使用されてきました。

 

そして、現在、内装塗り壁材として使用されている珪藻土も同様に、接着や増粘のために天然の素材や、また、アクリル系樹脂などの合成素材を「つなぎ材」として配合している製品も多くあります。

気をつけたいのは、つなぎ材の素材と割合

しかし、アクリル系樹脂などの合成樹脂をつなぎ材として多く使うと、珪藻土の特長である無数の穴をふさいでしまうこともあり、つなぎ材が多く珪藻土を数パーセントしか含まないような製品では、期待していた調湿効果が得られないというケースもあります。

 

また、珪藻土は、「表面がぼろぼろと落ちやすい」ということや、「クラックが発生しやすい」といわれることがあります。

これは、つなぎ材として合成樹脂を多く使うことで補うことができることでもありますが、前述した通り、合成樹脂を多く使うことで肝心の高い保温性や吸湿性が損なわれてしまうことにも繋がります。

 

つまり、保温性や吸湿性を活かすために自然素材である珪藻土を選ぶのであれば、つなぎ材もできるだけ自然素材を使用しており、珪藻土の含有率の高いものを選ぶことが重要ではないかと思います。

 

 

漆喰とはどんな材料なのでしょう?

漆喰は、消石灰が原料で水酸化カルシウム・炭酸カルシウムを主成分としています。

わかりやすく言えば、今は使われていないようですが、学校のグランドに白線を引くときに使ったあの「白い粉」です。

 

漆喰は、古来から建材として瓦や石材の接着や目地、また、壁の上塗りなどに使われた材料です。

日本では、風雨に弱い土壁に漆喰を塗ることで防水性を与えることが出来るほか、不燃素材であるため、外部の保護材料として古くから城郭や寺社、商家、民家、土蔵など、木や土で造られた壁の上塗り材としても用いられてきました。

そして、漆喰は日本伝統のものと思われがちですが、世界中で使われてきた歴史もあり、神話の時代から使用されていたといわれています。

 

漆喰は、主成分の水酸化カルシウムが二酸化炭素を吸収しながら硬化し炭酸カルシウムとなる、いわゆる気硬性の素材です。

その最大の特徴は、施工後に水分が乾燥し、長い年月をかけて硬化してゆくという点です。

 

また、漆喰は珪藻土と同様に材料そのものには接着能力がありません。

昔は海藻のりや、つなぎとしてワラスサなどの天然繊維が使われていましたが、今では合成樹脂や化学糊が使われることが多くなっています。

 

塗り壁材としての漆喰の特徴

「漆喰の壁」というと、真っ白で、平滑に押さえ塗られた壁をイメージされる方も多いのではないでしょうか。

そのような意匠性を求める方にとっては、漆喰は他には替え難い塗り壁材だと思います。

 

しかし、プロでも難しいといわれる「平滑な仕上げ」を、素人がDIYで仕上げるのは難しいと考えた方が無難です。

ビシッと平滑な仕上りを求めるのであれば、プロに依頼することをお勧めします。

 

また、漆喰は、石灰の粉に水を混ぜた塗り壁材ですので強アルカリ性です。

そのため、有害物質を吸着分解する力があるといわれていますが、乾燥するにつれその性質が変わりますので、ずっとその効果が続くと期待するのは少し無理があるかもしれません。

 

漆喰をDIYで施工する材料として考えるのであれば、合成樹脂などのつなぎ材を多く配合して塗りやすくした塗り壁材であれば良いかもしれませんが、つなぎ材も自然素材にこだわった漆喰を塗りたいという場合は、プロに依頼したほうが無難な材料ではないかと思います。

 

 


 

いかがでしたでしょうか。

今回は、珪藻土と漆喰がどんなものなのか、また、塗り壁材としてどのような特徴があるのかということをご紹介いたしました。

 

あなたのDIYの塗り壁材選びに、少しでもお役に立てれば幸いです。

 

でも、DIYで施工する自然素材の塗り壁材を選ぶためには、今回ご紹介した内容とは少し違う視点で塗り壁材を考えることも重要です。

それはどんなことかというと、「多くの人が塗り壁材に対して思い違いをしている 『3つのポイント』 」 です。

 

当サイトでは、その内容をまとめたものを、ご希望の方に特別レポートとして無料で差し上げています。

もし、あなたがこれからDIYの塗り壁を検討しているのでしたら、事前に知っておいて損のない内容です。

 

「多くの人が塗り壁材に対して思い違いをしている 『3つのポイント』 とは何か!?」
下記リンクページでレポートの内容をご紹介しておりますので、もしよろしければご覧ください。